私が誘導されて利用していた出会い系サイトは何の制限もなくメールが返信できました。
ですから、無料でメールの送受信ができる、完全無料の出会い系サイトだと思って使っていたのですが…

 

そうです、このサイトは悪徳出会い系サイト、詐欺サイトだったのです。
安月給の私にとって、3万円の支払いというのはかなりの大金です。
本当に支払うべきか否か悩みました。
こんなでたらめなサイトの請求を支払う義務なんて無いはずです。

 

しかし、実は会社のパソコンを使ってサイトを利用していたのが失敗でした。
IPアドレスから割り出せば自分の利用していたところなんてすぐにわかると思ったのです。
勿論、悪徳サイトからは催促のメールが届きます。
そして、支払いに応じなければ私の職場まで取り立てに来るという文面もありました。

 

そんなことになったら困りますよね?
会社で出会い系サイトを利用していたことがばれるだけでもかなりまずい状況です。
それに加えて取り立てなんて来られたら、もう会社に居られなくなってしまいます。

 

私は仕方がなく、銀行振り込みで3万円を支払うことにしました。
利用料金を知らなかったとは言え、利用したのは事実です。

 

完全に騙されたという感じでした。
後から調べてみると、私が利用した出会い系サイトは有名な詐欺サイトだったのです。

 

今でこそ、出会い系サイトが優良なサイトであるか、悪質・悪徳なサイトであるかというのは区別がつくようになりました。
しかし、当時は全くの無知でした。
今ではそんな手口に引っ掛かることもありませんが、今現在も詐欺まがいの出会い系サイトはどんどん増えてきているのが事実です。
あなたは、そんな詐欺には絶対に騙されないでくださいね。
怪しいと思ったサイトがあれば、まずそのサイトのことをネットで調べる癖をつけると良いでしょう。
そして、もしも騙されたとしても、お金を支払う前に消費者センターなどに相談することをおすすめします。